集客ノウハウをお届け、Webマーケティングお役立ちブログ

MEO対策に重要な「サイテーション」とは?

MEO対策に重要な「サイテーション」とは?

この記事では、MEO対策に重要な「サイテーション」についてご紹介します。

この記事でスッキリするお悩み
・サイテーションの意味を知りたい。
・MEO対策とサイテーションの関係を知りたい。

イトウ

数百を超える店舗や会社のMEO対策の経験から、
MEO対策に重要な「サイテーション」を分かりやすく説明します。
実績とサービス内容が認められ、世界発信コンペティションで特別賞も頂きました。
MEO対策「マップでアップ」、東京都主催の世界発信コンペティションで「特別賞」受賞! 世界発信コンペティションで特別賞を受賞しました|MEO対策「マップでアップ」

本記事を読めば、MEO対策に重要な「サイテーション」についてバッチリ分かります。

まず最初に「サイテーションの意味」から説明します。

サイテーションとは?

サイテーションとは、直訳すると「引用」です。

MEO対策におけるサイテーションとは?

MEO対策におけるサイテーションとは「ネット上の表記を統一すること」です。

お店で例えると、
・店名
・住所
・電話番号
・サービス名
など、基本情報の「表記ゆれ」を無くす作業になります。

 

被リンクとの違いは?

「サイテーション」と良く似ている言葉に「被リンク」があります。

違いは2つ。
・リンクが張られているかどうか?
・表記が同じかどうか?
です。

360株式会社で、被リンクとサイテーションを例えると以下のようになります。

被リンク・・・リンクを張っていること。表記は異なってもOK。
(例:360株式会社MEO対策おまかせください

 

サイテーション・・・同じ表記であること。一字一句同じ事が重要。
(例:360株式会社、MEO対策「マップでアップ」)

 

MEOにサイテーションが重要な理由

MEOにサイテーションが重要な理由

サイテーションがMEO対策に重要な理由。
それはズバリ、Googleが推奨しているからです。

Googleマイビジネスのヘルプページから引用します。

Google マイビジネスで成果を高める方法:

  • 実際のお店やサービス、看板や販促品などで使用され認知されているブランド表記と一貫性のあるビジネス情報を掲載します。

このように、成果を高める方法としてGoogle公式に書かれているのです。

 

違反するとマップから消されることもある

Googleマップ上で目立たせたいと思うあまり
余分なキャッチフレーズを入れてしまう店名を見かけます。

例えば
「激安ランチ! イタリアンの○○」
「神田駅前○○店 A4出口徒歩1分」
のような表記です。

これはGoogleのガイドライン違反です。
最悪、Google検索やGoogleマップから消される可能性もあるのです。

以下、Googleのガイドラインから引用します。

ビジネス名に不要な情報を含めることはできません。含めると、リスティングが停止される可能性があります。

店名にキャッチフレーズを入れると、検索されやすいでは?と考えるのは理解できますが、
間違ったMEO対策は、集客を増やすどころか逆効果になります。
十分に注意しましょう。

 

MEOのサイテーションで確認すべき内容

サイテーションを確認すべき場所

サイテーションを確認すべき場所は、基本情報が書かれている全てのメディアです。
以下のメディアで表記が統一されているか、確認していきましょう。

【サイテーションを確認すべき場所】

 

・ホームページ
・SNS
・口コミ、レビューサイト
・比較サイト
・プレスリリース
・ビジネスマッチングサイト
・求人サイト など

たくさんのメディアがありますので、ひとつずつ修正していきましょう。

なお、忘れがちなのは、お店周りの看板やポスターです。

Googleのサポート窓口に電話した方は経験があると思いますが、
「看板に書かれている店名」と、「Googleマイビジネスに書かれている店名」が違うと
指摘されることがあります。

「看板の写真まで確認しているとは!」と驚きましたが、
逆に言うと、一貫性が重要であるともいえるのではないでしょうか。

 

サイテーションすべき基本情報

サイテーションすべき基本情報は以下の通りです。

【サイテーションすべき基本情報】

・店名(会社名)
・住所
・電話番号
・営業時間
・商品名、サービス名

これらの基本情報は、NAPとも呼ばれます。
Name(店名、会社名)
Address(住所)
Phone number(電話番号)
の頭文字を取っている略語です。

「そんな基本的な情報、間違う訳が無い!」と思うかも知れませんが、
ほとんどのお店が統一できていないのが実情です。

「表記ゆれ」を発見したら、一つずつ修正していきましょう。

 

(まとめ)サイテーションは重要、MEO対策を見直そう

今回は、MEO対策に重要な「サイテーション」についてご紹介しました。

表記の一貫性を保つサイテーションは、MEO対策の基本中の基本です。
ただし、複数のメディアをまたがって作業をするので、かなり時間がかかります。
自分で作業する時間が無い場合は、ぜひMEO対策専門会社に委託をご検討下さい。

弊社、360株式会社でもMEO対策をサービスしております。
どうぞお気軽にご相談ください。

 

\ 初期費用のみで、集客力アップ /

東京都主催・世界発信コンペティション受賞実績あり

 

MEO対策事例はこちら

MEO対策の詳細はこちらの記事を参考にどうぞ! MEO対策事例のご紹介【成果が分かるグラフあり】 MEO対策の成功事例【成果が分かるグラフあり】  

MEO対策『マップでアップ』導入店をご紹介!

(ランダムで3つ表示されます) パチンコ屋さん外観_MEO対策事例【MEO事例】大阪のパチンコ店様イーグルショップ浦和【MEO事例】イーグルショップ浦和様【MEO事例】かっぽうぎ様
MEO対策会社をお探しですか?

MEO対策は360株式会社にお任せ下さい!
GoogleマップやAppleマップなど複数のデジタル地図を最適化し、検索されやすくすることで、お店の集客力をアップします。
東京都主催「世界発信コンペティション」で受賞した安心のサービスです。

MEO対策「マップでアップ」サービス概要