中小企業向けWebマーケティング情報サイト

ホームページやブログにGoogleストリートビューを無料で埋め込む方法

Googleストリートビュー埋め込み方法

Googleストリートビューは、お店や観光地の魅力を伝える強力なツールです。

今回は、このストリートビューをホームページやブログにどのように埋め込むか、ステップバイステップで解説します。Googleマップだけでなく、他のプラットフォームでもストリートビューを活用し、より多くの人々に印象を与えましょう。

Googleストリートビュー 埋め込み事例

まずは、埋め込みの事例をご紹介します。

以下は、『鉄板焼 お好み焼 わ』さまと『トランポランド東京』さまのGoogleストリートビューです。これらの事例を通して、ストリートビューがどのように表示されるかを確認してください。

『鉄板焼 お好み焼 わ』さま

新小岩に位置するこのお店のストリートビューは、店内の雰囲気や様子が一目でわかります。
360度見回せるので、お店の全体像が把握しやすくなります。

『トランポランド東京』さま

東京板橋区にあるこの施設のストリートビューも、屋内の楽しさや清潔感が伝わります。
これにより、訪れる前に施設の雰囲気を感じることができます。

Googleストリートビューの埋め込み方

次に、Googleストリートビューの埋め込み方について具体的に説明します。
今回は、「山梨県 弥三郎岳」のストリートビューを例に取ります。

埋め込む手順は下記の6ステップです。

ステップ1:Googleマップで「場所」を表示

Googleマップで希望の場所を検索し、表示します。表示された写真サムネイルの中から、任意のものを選択してください。

Googleマップで場所を表示

ステップ2:埋め込むストリートビューを選択

表示された写真一覧から、埋め込みたいストリートビューを選びます。
ストリートビューは、写真の左下に円を描いた矢印マークで識別できます。

埋め込むGoogleストリートビューを選択

ステップ3:共有・埋め込みウィンドウを表示

場所表示の右側にある、●が縦に3つ並んだボタンをクリックします。
「画像を共有または埋め込む」を選択すると、共有・埋め込みウィンドウが表示されます。

共有・埋込ウィンドウ2

ステップ4:埋め込みタブを選択

共有・埋め込みウィンドウから、「画像の埋め込み」タブを選択します。

有・埋込ウィンドウ

ステップ5:画像サイズを選択

埋め込む画像サイズを選択します。小・中・大から選ぶか、「カスタムサイズ」で任意のサイズに調整できます。

画像サイズ選択

ステップ6:埋め込みコードをコピー

選択したサイズに基づいて表示された埋め込みコードをコピーし、ホームページやブログのHTMLエリアに貼り付けます。

埋め込みコード_Googleストリートビュー

埋め込みサンプルとそれぞれのサイズ

サイズ「中」で埋め込んでみました。
サイズ中は横600pixel 縦450pixelです。

それぞれのサイズについては、下記にまとめました。

埋め込みサイズ表
「小」 横:400pixel,  縦:300pixel
「中」 横:600pixel,  縦:450pixel
「大」 横:800pixel,  縦:600pixel

まとめ

Googleストリートビューをホームページやブログに埋め込むことで、訪問者に対してよりリアルな印象を与えることができます。せっかく撮影したストリートビューを多くの人に見てもらい、お店や施設の魅力を広めましょう。

Googleストリートビュー撮影事例はこちら

360株式会社が撮影したGoogleストリートビューをご紹介!

カツキ銀座本店様_Googleストリートビューカツキ銀座本店様【Googleストリートビュー撮影事例】アイキャッチ_白糸の滝_360度VR動画白糸の滝【Googleストリートビュー撮影事例】オモテナシスクール様_Googleストリートビュー株式会社ベルーフ・オモテナシスクール様【Googleストリートビュー撮影事例】

他の撮影事例はこちらから

Googleストリートビュー関連情報

Googleストリートビュー関連の記事は、こちらもどうぞ。
Googleストリートビューの撮影会社をお探しですか?

Googleストリートビュー撮影でしたら、360株式会社にお任せください
Google認定フォトグラファーが、最新の専用カメラで撮影いたします。
撮影データも完全譲渡するので、Facebookにも360度写真がご利用頂けます。

Googleストリートビュー撮影サービス概要