ネットで稼ぐノウハウを集めた、Webマーケティングお役立ちブログ

【本】D2C「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略|モノづくり企業の新しいビジネスモデルがわかる。

【本】D2C「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略

おはようございます。360株式会社の伊藤です。

「D2C「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略」を読みました。

D2CとはDirect to Consumerの略。
つまり、「消費者への直販ビジネスモデル」です。

D2Cの定義・事例・戦略まで網羅された「教科書」のような本なので、モノづくり企業に勤めている方は必読だと思います!

どんな本?

著者は、Takramの佐々木康裕(@yasuhirosasaki)さん。
様々な業界のコンサルティングを手掛けている方です。

この本で、のっけから引き込まれるのは、Casperの事例。
マットレスという商材で2014年に5人で創業したのですが初月に売上1億円を達成。
最初の12ヶ月で売上100億円。2年目には売上200億円というから驚きです。

Casper以外にも様々なD2C企業が紹介されているのですが、それぞれのビジネスを分かりやすく解説されています。
図や写真もふんだんにあり、最後まで一気に読めると思います。

事例で、僕が良いと思ったのはWarby Parker(メガネ)。
メガネが似合うかどうか、鏡をのぞいても分かりづらいですよね。
Warby Parkerでは、店舗のフォトブースで正面・左・右などいろんな角度から撮影してくれるのです。
その後、写真はプリントしてくれますし、後日メールでも届くとのこと。
これなら、試着したメガネが似合うか客観的に見れるし、ゆっくり検討できますよね。
顧客満足度が高いのもうなずけます。

この本では、D2Cとこれまでの企業の「違い」も説明してくれます。
「D2Cってネットショップのこと?いわゆる中抜きだよね?」なんて思っている方は、ぜひどうぞ!

気づきポイント

「D2C「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略」の中から、なるほど!と思った箇所をちょっとだけ引用します。

情報発信量の逆転
インターネット登場以前は、消費者が摂取していた情報の主語は「企業」だった。
その企業が長年開発してきたテクノロジーであったり、他社と差別化できる機能などが語られていた。
発信されるタイミングは、「買う前」である。
(略)
しかし、SNSで消費者が日々大量に情報を発信している今、消費者が摂取する情報は「(他の)消費者」が主語の情報が圧倒的に多くなってきている。
そうした情報は時間軸では「買った後」の情報となる。
(略)
これからは、機能の質をあげるのではなく体験の質を上げる、それにより購買後の情報量を増やすことが競争上も重要になってくる。

商品がどれだけ優れていても、カスタマーサポートの対応が悪いと、そのブランドに興味を失うこともありますよね。
「体験の質を上げる」大切さが分かります。

こんな人におすすめ!

この本「D2C「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略」は、以下の方におすすめです。

・モノづくり企業に勤めている
・デジタルトランスフォーメーションに興味がある
・ブランドの未来が知りたい

特に「小売業に勤めている」方にはおすすめです!

目次

<1章>D2Cが生んだパラダイムシフト

<2章>「機能」ではなく「世界観」を売る

<3章>「他人」ではなく「友人」に売る

<4章>D2Cの戦略論

<5章>D2Cを立ち上げる(スタートアップ・大手ブランド・大手小売)

<6章>D2Cの先にあるもの

関連情報

本の中で紹介されていたD2C会社のリンクです。

Casper(マットレス)

Warby Parker(メガネ)

FABRIC TOKYO(スーツ)

Away(スーツケース)

Everlane(ファッション)

面白かった本

こちらの本もおすすめです。
ご興味あれば、ぜひ! 現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル-表紙【本】現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル|SEO本はコレ一冊でOK!働き方完全無双 - 本【本】働き方 完全無双|働き方改革は、ひろゆきに学べ!独学できるWebマーケティング本3冊【初心者用に厳選しました】独学できるWebマーケティング本3冊【初心者用に厳選しました】