ドローン空撮

国土交通省許可取得済

賠償責任保険加入済

JAkfj3IfFeQ

ドローン空撮の事例

ドローン空撮は、国土交通省許可済の、360vr.co.jpにお任せください。

ドローンで、高品質の写真・動画を空撮。国土交通省許可取得済、賠償責任保険加入済。

申請・撮影・編集・納品までトータルサポート。東京を中心に全国出張撮影OK。

ドローン空撮とは?

ドローンを用いて空中からの様々なアングルで、静止画や動画を撮影するサービスです。

企業・店舗・観光スポットのPR写真・動画や、マンションの眺望イメージなど、様々な用途に使用されています。

サンロクマルのドローン空撮サービスは、規制を遵守し、安心安全に配慮するとともに、

国土交通省や地域自治体への許可取得や映像編集までトータルでサポートいたします。

メリット 1

誰も見たことがない「映像」をアピールできます

テレビCMや映画のようなシーンを撮影

ドローンは固定カメラと違い空中を自由に動かせるので、

新しい視点の映像を提供できるのが大きなメリットです。

 

建物に近づいたり遠ざかったり、

周囲を見回すように撮影したり、

敷居の高かった空撮がスピーディに撮影できます。

 

静止画・動画どちらも対応できますので、

Youtube・ホームページ・Facebookや

会社案内や販促チラシなどの印刷物にも使用できます。

メリット 2

「立地・構造」を分かりやすく伝えられます

空中からの視点を公開することで、お客様の興味喚起&理解促進

ゴルフコースの空撮事例

立地・構造・周囲の景観などが撮影できるので、

その場所の魅力が伝わりやすくなるのも

メリットのひとつです。

 

・ゴルフコースの俯瞰映像

・建設予定のマンションの各階からの眺望

・宿泊施設の立地と景観

など様々な角度からの映像を提供することで、

その場所の特長やセールスポイントを

お客様に分かりやすく伝えることができます。

メリット 3

「リーズナブルな価格」で撮影可能です

静止画・動画どちらもOK 10万円~(税別)+交通費から

MAVIC Proの写真

サンロクマルは、静止画・動画問わず、

15分×3回の撮影を「10万円(税別)+交通費」から

承っております。

 

撮影にあたっては安心・安全に徹底配慮。

2名体制に加えて、予備機材も準備しています。

また、日本全国の国土交通省許可も取得済。

万が一に備えて賠償責任保険にも加入しております。

 

撮影内容によっては、地域自治体や地権者からの許可が

必要になることもありますが、代行申請も可能です。

お申し込み~公開までの流れ

Step 1

ヒアリング・お見積

ドローン空撮のご相談は

「お問い合わせフォーム」より

ご連絡ください。

 

ご検討中の内容をお聞かせ頂き、

具体的な撮影プランを作成。

必要な申請先を確認した上で、

お見積いたします。

Step 2

撮影

お申込み確定後、

撮影プランに沿って、

ドローンの空撮を行います。

 

ご担当者様が立ち合いの元、

お求めのシーンの静止画・動画を

撮影していきます。

 

(ご担当者様が立ち会わないケースもございます)

Step 3

納品

撮影したデータは、

必要な形式に変換したのち

3日以内に納品いたします。

 

動画の編集も承りますので、

どうぞお気軽にご相談ください。

ドローン空撮は、税別 100,000円~!

国土交通省許可取得済/賠償責任保険加入済の、360株式会社にお任せください!

お問い合わせ

ドローン空撮のお見積・ご相談は、下記フォームよりお願いいたします。
どうぞお気軽にご連絡ください。

送信中...

エラーが発生しました。

お手数ですがもう一度お願いいたします

お問い合わせありがとうございます。

通常24時間以内に返信いたします。

360株式会社(サンロクマル)ロゴ

360株式会社

© 360, Inc.