実店舗開業時のネット集客方法5選

オンライン集客方法5選

実店舗ビジネスは、開業する前からの集客・告知が重要です!
集客準備を怠ると、オープンしてから慌ててリカバリをすることになってしまいます。
賃料・人件費・在庫などの重みに苦しまないために、ぜひオープン前からの集客をご検討ください。

弊社では、飲食店・エステサロン・学習塾・美容室・整体院など業種・業態を問わず、
ネットを活用した「オンライン集客」と「オフライン集客」を組み合わせるべきと考えておりますが、今回の記事では、「オンライン集客」に絞り、実店舗集客に効果的な方法をご紹介します。

ホームページ

ホームページは営業マン
ホームページは、ネット上の看板によく例えられますが、実際は全く違います!
実は、あなたの店舗の魅力を伝え、集客に貢献する「営業マン」のようなものです。
実店舗ビジネスが、ホームページを持つメリットは3つあります。

メリット1.ホームページは「見込み客のデータを収集できる」

あまり知られておりませんが、ホームページに訪れた「見込み客」のデータが見れるのをご存じでしょうか?
性別・年齢・住んでいるエリア・見に来た時刻や閲覧時間まで分かるのです。
会社のパソコンから、あなたのホームページを訪れた場合は、会社名まで足跡で残ります。
さらに、ページ内のどこまで読まれているか、どこの箇所を一番注視しているかまで把握できます。
しかも、これらのデータは無料で見ることができるのです。

ホームページに訪れた見込み客の属性や行動について把握できるのですから、
お客様の満足につながるには何をすべきか?という貴重なヒントになるのです。
その気づきにより、ページデザインやサービス内容を変えていけば、顧客満足度の向上につながるはずです。

もし、あなたの店舗がホームページを制作会社に委託する場合は、
「見込み客のデータが見られるようにして欲しい」と注文したほうが良いと思います。

メリット2.ホームページは「内容を修正・追加できる」

ホームページは、都度内容を修正・追加できるのも大きなポイントです。
見込み客のデータや、来店いただいたお客様のご意見をもとに、
内容やデザインを柔軟に作り変えていくことで、店舗集客に役立つようなホームページに育っていきます。
ページの内容を充実させていくと、より広範囲の地域から店舗に集客できるようになります。

例えば、飲食店のホームページだったら、
季節に合わせたメニューや、限定メニューなどを掲載すべきです。
学習塾のホームページだったら、教育への熱い想いや、
お悩みの回答など、見込み客に伝えるべきことは必ずあるものです。

内容を修正・追加し、情報発信をし続けることで、
新規顧客獲得や、既存客の再来店・再購入を促せるのがポイントです。

メリット3.ホームページは「24時間365日稼働」

当たり前の話ですが、ホームページは24時間365日稼働します。
あなたの店舗のサービス内容を、いつでもどこでも伝えてくれます。
しかも、情報量はほぼ無制限。動画やストリートビューなどを埋め込むことも可能です。

ただ、気を付けなければならないのが競合が多いこと。
検索エンジンで、「地域+業態」で検索すると、かなりの数の競合店が表示されるはずです。
表示位置によっては、あなたのホームページに気づいていただけません。
つまり、ホームページに見込み客がたどり着くようにする「導線設計」も重要になってくるのです。
このたどり着くようにする施策をSEOと呼びます。
SEOとはSeach Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化ということです。

ホームページ制作期間の目安

ホームページの制作期間は、規模にもよりますが、どんなに早くても4週間はかかります。
出来れば6~8週間は欲しいところです。
あなたの店舗に集客できるようにするためには、競合店のホームページ分析だったり、
検索エンジンで表示されやすくなる「導線設計」など、たくさんの作業があるためです。

逆に言うと、期間が短すぎる制作会社は要注意!
既存のフォーマットに素材を流し込むだけだったり、外見では分からない手抜き工事をしていたりする可能性もあります。

【ホームページのメリット】
1.見込み客のデータを収集できる
2.内容を修正・追加できる
3.24時間365日稼働
※制作期間は、最低でも4週間。出来れば6~8週間。

 

スマホ地図(Googleマップ)

スマホ地図_Googleマップ_Appleマップ
実店舗ビジネスで、急速に注目されている集客方法がスマホ地図です。
様々な種類のスマホ地図がありますが、最も利用されているGoogleマップをご存知でしょうか?
驚くことに、国内の月間利用者が3,300万人を超えているアプリです。
この利用者数は、大流行した「ポケモンGO」のピーク時より多い、とんでもない数字です。

ニールセン デジタル株式会社の2017年12月19日のプレスリリースによると、
国内で2番目に利用者が多いのがスマホ地図「Googleマップ」です。
1位は「LINE」、3位は「Youtube」、7位が「Twitter」、8位が「Facebook」となっていますから、Googleマップの利用者数がいかに多いか分かります。

詳しいデータは、以下のサイトをご覧ください。

参考

TOPS OF 2017: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2017年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表~ニールセン デジタル株式会社

スマホ地図が店舗集客に効果的なメリットは3つあります。

メリット1.検索結果に表示され、近くのお客様を呼び込める

Googleで「業種名」や「最寄駅+業種名」で検索すると、
「Googleマップ専用エリア」が一番上に表示されるのをご存知でしょうか?スマホ地図検索結果

このエリアにはマップに登録されている店舗だけが紹介されます。
また、GPSと連動しており、あなたの店舗の近くでお客様が検索した場合、
あなたの店舗をオススメしてくれることもあるのです。
スマホ地図_オススメ
スマホ時代の店舗選びは「スマホ地図で探す」のが当たり前。
「この近くに、いいお店ないかな~」と探してくれた時に、
あなたの店舗がみつからなかったらそれだけで機会損失につながってしまいます。

メリット2.お客様を店舗までカーナビのように道案内してくれる

スマホのGPS機能を活用して、お客様をカーナビのように店舗まで道案内してくれるのも大きなメリットです。
あなたの店舗が分かりにくい場所にあったとしても、Googleマップがナビをしてくれるため、
お客様は迷わず辿り着くことができます。
もし、あなたの店舗が地図に載っていないとすると、途中であきらめて別のお店に心変わりしてしまうかも…。
スムーズに来店できるようにするためにも、スマホ地図にあなたの店舗を登録すべきです。

メリット3.お客様に知らせたい情報をタイムリーに発信できる

Googleマップであれば、店舗の最新ニュースをタイムリーに発信できます。
ランチメニューや、旬の食材入荷、割引キャンペーンなど、オトク情報を発信することで、お客様にアピールできます。
スマホ地図情報投稿

お知らせは、写真・文章・対象期間など細かく設定可能。
リンク先URLを設定することもできるので、ホームページと連動することで、
予約・注文・クーポン券発行など様々な使い方ができるのです

他にも様々なメリットがありますので、ぜひ弊社のスマホ地図登録サービスをご検討ください。
弊社ではGoogleマップだけでなく、Appleマップや他に地図にも店舗の情報登録が可能です。
さらに、スマホ地図のあまり知られていないノウハウをご提供し、店舗集客をサポートいたします。

参考

360株式会社スマホ地図登録サービス

スマホ地図登録期間の目安

スマホ地図の登録期間は、ホームページの有無や、固定電話の有無によって大きく変わります。
これは、実店舗の所有権を申請しなければならないためです。ホームページや電話番号が無い場合は4週間ほどかかる場合もあります。
スムーズに進んだ場合は、1週間ほどで登録は完了します。

【スマホ地図のメリット】
1.近くのお客様を呼び込める
2.お客様を店舗まで道案内してくれる

3.知らせたい情報をタイムリーに発信できる
※制作期間は1~4週間。GoogleやAppleなどの申請受理により変化。

 

Facebook

実店舗ビジネスの集客に必要なのはFacebookです。
余裕があれば、Twitter、Instagram、Youtubeなど他のサービスも良いのですが、一番最初にFacebookを作るべきです。
というのも、あなたの店舗のFacebookページが、勝手に作成される場合があるためです。
ネットの情報をもとにFacebookが自動で作成するだけでなく、全くの他人や第三者が作成する場合もあります。

以下は、Facebookのヘルプページからの引用です。

あなたが作成していなくても、会社のFacebookページが存在していることがあります。たとえば、Facebookページが存在していない場所に第三者がチェックインした場合、位置情報を示す、管理されていないFacebookページが作成されます。ページはウィキペディアの記事から生成されることもあります。
https://www.facebook.com/help/168172433243582

自店舗のFacebookページを所有していない場合、営業時間や電話番号などの情報が間違っていたとしても修正するのに苦労しますし、お客様からのクレームにもつながりかねません。

いきなりネガティブなことを書いてしまいましたが、Facebookには大きなメリットもあります。

メリット1.情報の拡散が見込める

Facebookは、情報の拡散が期待できるのが大きなメリットです。
知人に一斉に告知できるので、絶対に抑えておくべき集客方法です。
しかも、「シェア」や「いいね!」をしてもらえたら、知人の知人まで情報が拡散するため、
思いもよらないところまで口コミで拡散するかもしれません。
撮影した写真や動画も簡単に掲載できるので、タイムリーな情報発信をすることで、
見込み客に気づいてもらえるキッカケ作りに役立ちます。

メリット2.ターゲットを絞った広告が打てる

もうひとつのFacebookのメリットは「広告」です。
Facebookユーザーに向けて、絞り込んだ広告展開が可能です。
年齢・性別・趣味嗜好・地域などを絞りこんで、わずか数百円の広告予算から気軽に展開ができるので反響の良い写真や広告文を見極めるテストにもピッタリです。
反響が良さそうな広告が出来上がったら、店舗の半径10kmなどのように限定して告知することで、チラシやポスティング以外のお客様の集客可能性が広がります。

Facebookページ制作期間の目安

Facebookページの制作期間は、写真などの素材が揃っていて、プロに任せれば数日です。
ご自身で初めて作る場合には、1週間は見ておいたほうが良いかもしれません。

【Facebookのメリット】
1.情報発信がタイムリーにできる
2.ターゲットを絞った広告が打てる
※制作期間は数日。自分で作るなら1週間。

 

情報サイト登録

ホームページ・スマホ地図・Facebookなどの情報の受け皿が整い次第、
業種・業態に合わせた情報サイトに登録していきましょう。
有名なサイトでは「エキテン」や「ホットペッパー」などがあります。
まずは、無料登録を済ませ、集客効果を見極めてから有料プランに切り替えていくのが良いと思います。

メリット1.店舗を知って頂くキッカケが増える

さまざまな情報サイトに登録することで、あなたの店舗を知って頂く機会が増えます。
ただし、その後すぐに集客につながることはあまり多くありません。

消費者行動モデルの「AISAS」をご存知でしょうか?
現代のお客様は、下記のように行動するというモデルを表したものです。

「A」Attention・・・認知する
「I」Interest・・・興味関心が湧く
「S」Search・・・ホームページ・Facebook・スマホ地図で調べる
「A」Action・・・購入や来店する
「S」Share・・・口コミやSNSで感想を共有する

情報サイトであなたの店舗に興味を持った後は、ホームページ・スマホ地図・Facebookなどで十分に調べてから「来店」となるケースが殆どです。
ただ、店舗を知って頂くキッカケは間違いなく増え、集客の底上げにつながりますので、多くのサイトに登録したほうが良いと思います。

メリット2.ホームページの表示順位が有利になる

情報サイトの中には、あなたの店舗にリンクしてくれるサイトもあります。
他のページからリンクされるホームページは価値が高いとみなされ、
検索エンジンの表示位置が有利になります。
これを被リンクといい、SEO施策(検索エンジン最適化)のひとつです。

検索エンジンの表示位置が上がるほど、ホームページにたどり着く見込み客が増えるわけですから、長期的に集客底上げにつながります。

情報サイト登録時間の目安

情報サイトの登録は、簡易なものであれば30分以内に登録が可能です。
業種ごとに登録したほうが良い情報サイトについては、別の記事でまとめます。

【情報サイトのメリット】

1.店舗を知って頂くキッカケが増える
2.ホームページの表示位置が有利になる
※登録に要する時間は30分~(できるだけ多くのサイトに登録することが重要)

 

プレスリリース

プレスリリースというのは、テレビ・新聞・ラジオ・雑誌・Webメディアなど、様々な情報媒体にあなたの店舗情報を知らせる案内状です。
各メディアの担当者に興味を持ってもらえれば、記事にしてくれたり取材してくれるかもしれません。
担当窓口を調べて直接メールを送ってもよいですが、労力を考えるとプレスリリース配信代行に依頼するのがオススメです。
数万円で数百媒体に送信してもらえるので、時間の節約につながります。
Webメディアであれば、プレスリリースを送ってから数時間以内に記事になります。

ちなみに弊社もできるだけプレスリリースを配信するように心がけています。

参考

360株式会社のプレスリリースPR TIMES

メリット1.記事として掲載されることでブランディングできる

実店舗の場合、プレスリリースを送っても、どこにも掲載されないのでは…?と思いがちですが、
配信代行会社に委託した場合は、かなりの確率で記事になります。
これは、どこのメディアも、常にネタ不足の状態だからです。

自ら取材しなくても、ネタを提供してくれるプレスリリースはどこの媒体も歓迎されるのです。
特に記者の数が少ないフリーペーパーや地元メディアには喜ばれます

記事に取り上げられたことを、ホームページ・Facebook・スマホ地図などで告知することにより、
あなたの店舗のブランディングに役立つのです。

メリット2.店舗を知っていただくキッカケが増える

多くの購読者数や利用者がいる媒体に掲載されればされるほど、
あなたの店舗を見込み客に知って頂くキッカケが格段に増えます。
それぞれの媒体には特性や相性があります。
自分のビジネスが掲載されそうな情報媒体にプレスリリースを送ることがポイントです。
Webメディアであれば、店舗のURLにリンクを貼ってくれるかもしれませんので、
長期的に見ても、集客に大変効果的です。

プレスリリース作成から配信までの目安

プレスリリースは、ある程度書式がありますので、最初は作成に数時間かかってしまうかもしれません。
分量はA4縦の用紙で2枚くらいが目安になります。
配信については、プレスリリース代行会社に委託すると、数千の媒体リストの中から選択でき、一斉に配信できます。
時間を定めて一斉配信も可能です。

【プレスリリースのメリット】

1.記事として掲載されることでブランディングできる
2.店舗を知っていただくキッカケが増える
※作成に要する時間は数時間~ (配信代行会社に委託するのがオススメ)

まとめ

この記事のポイントをまとめておきます。

開業時のオンライン集客方法5選
  1. ホームページ
  2. スマホ地図
  3. Facebook
  4. 情報サイト登録
  5. プレスリリース

次回は、チラシや看板などの「オフライン集客」についてまとめます。

『集客』のご相談はこちらからどうぞ!

集客のお悩みでしたら、360株式会社にお任せください!
デジタルとアナログを組み合わせたオリジナルの手法で、
店舗や観光スポットなどの集客課題を解決いたします。
どうぞお気軽にご相談ください!

360株式会社のWebサイト