Googleストリートビューの副業にご興味のある方へ。撮影機材をご紹介します。

Googleストリートビュー撮影機材

こんにちは。360株式会社の伊藤です。(@naruhodo_iine

副業でGoogleストリートビューの撮影を始めたい知人から、
撮影機材についての相談を受けることがあります。

また、弊社へのアクセスログを見ると
「Googleストリートビュー 副業」や
「Googleストリートビュー 撮影機材」と検索されている方が
チラホラいらっしゃいます。

そこで、今回は、Googleストリートビュー撮影機材を一気にご紹介します!
Googleストリートビュー撮影に必要な機材一式は、これでバッチリです!

使うカメラによって、撮影機材は異なります!

Googleストリートビューを撮影できるカメラは大きく分けて2種類。
「360度専用カメラ」「一眼レフカメラ」です。

どちらのカメラを使うかで、撮影機材は異なります。
まずは360度専用カメラの場合の機材をご紹介します!

360度専用カメラの場合

「360度専用カメラ」で撮影する場合、機材はシンプルです。
「カメラ」と「三脚」だけでOKです。

360度専用カメラ(Insta360 Pro)

カメラは、『Insta360 Pro』がおすすめです。
このカメラは、レンズが6個ついているのが特徴です。
最大12kという高画質のGoogleストリートビュー写真がカンタンに撮影できます。
専用ソフトの使い勝手も良く、分かりやすいです。

お値段は40万円以上と高く感じますが、
8KのVR動画も撮影できるのもポイントです。
弊社はこのカメラでGoogleストリートビューやVR動画を撮影しています。

Googleストリートビュー公式サイトにも紹介されています。

360度専用カメラ(THETA V)

趣味で始めたい方は『THETA V』をおすすめします。

レンズは前後ろの2つあり、手軽にGoogleストリートビューが撮影できます。
ただ、品質は専用カメラに劣るため、副業として対価を頂くのは難しいでしょう。

「THETA V」は、4万円ほどで買えます。

三脚(マンフロット)

三脚は『マンフロットの三脚』をおすすめします。

お値段は5万円以上と値が張りますが、安定性が他の三脚と別格です。
ただでさえ写真にはブレが大敵ですが、
Googleストリートビュー撮影は、平面写真以上に慎重になる必要があるのです。

以上が、360度専用カメラでGoogleストリートビュー撮影する場合の機材です。
次は、デジタル一眼レフカメラで撮影する場合をご紹介します。

デジタル一眼レフカメラの場合

デジタル一眼レフカメラでGoogleストリートビュー撮影する場合は、機材は多くなります。
カメラ本体、魚眼レンズ、雲台、レリーズ、ステッチソフト、三脚が必要です。

デジタル一眼レフカメラ(EOS Kissシリーズ)

まず、カメラ本体ですが『EOS Kissシリーズ』がおすすめです。
お値段は6万円くらいですね。

魚眼レンズ(シグマ)

次に魚眼レンズですが、下記のレンズがおすすめです。
『SIGMA 単焦点魚眼レンズ 8mm F3.5 EX DG キヤノン用』

お値段は8万円くらいです。

雲台(Nodal Ninja)

雲台ですが、『Nodal Ninja』がおすすめです。
この雲台を三脚に固定して、水平方向や上下に回転させて、
上下左右前後を撮影していくわけです。
専用カメラは、一回のシャッターでGoogleストリートビューの撮影ができるのですが、
一眼レフを使う場合は、レンズの中心部「ノーダルポイント」を動かさないように撮影するため、『Nodal Ninja』のような特殊な雲台が必要になってきます。

お値段は3万円くらいです。

レリーズ

レリーズとは、カメラに触れないでシャッターを切るツールです。
一眼レフカメラのシャッターで撮影すると、ブレてしまうことが多くなります。
おすすめはキヤノン純正の『レリーズ』です。

お値段は2,000円くらいです。

ちなみに360度専用カメラでGoogleストリートビューの撮影をする場合は、スマホで遠隔撮影します。

ステッチソフト(Autopano Pro)

ステッチソフトです。
GoPro傘下の『Autopano Pro』がおすすめです。
ステッチというのは、各方向の写真をつなぎ合わせることを言います。
360度専用カメラには、ステッチソフトが付属してくるのですが、
一眼レフカメラの場合は、ソフトを別途購入しなければなりません。

お値段は、2万円くらいです。

三脚(マンフロット)

一眼レフカメラでの撮影も、『マンフロットの三脚』をおすすめします。

お値段は5万円以上です。

参考書籍

一眼レフでGoogleストリートビューを撮影する場合は、多くの知識・ノウハウが必要になります。

『この一冊ですべてわかる!360度VRパノラマ制作パーフェクトガイド』は、撮影技法が詳細に書かれている素晴らしい書籍です。
機材を購入する前に、ぜひご一読をおすすめします。

まとめ

今回は、Googleストリートビュー撮影機材一式をご紹介しました!

副業だけでなく趣味としても、Googleストリートビュー撮影はおすすめです!
ご興味がありましたら、ぜひチャレンジしてみてください!

 

Googleストリートビューの撮影会社をお探しですか?

Googleストリートビュー撮影でしたら、360株式会社にお任せください
Google認定フォトグラファーが、最新の専用カメラで撮影いたします。
撮影データも完全譲渡するので、Facebookにも360度写真がご利用頂けます。

Googleストリートビュー撮影サービス概要