『Googleマイビジネス』と『MEO対策』の違いとは?

MEOとGoogleマイビジネスの違い

こんにちは!360株式会社の伊藤です!(@naruhodo_iine

先日、GoogleマイビジネスとMEO対策の違いについて、
弊社にお問い合わせを頂きました。

う~ん、この2つ、確かに違いが分かりにくいですよね。

ということで今回は
『Googleマイビジネス』と『MEO対策』の違い
と、
MEO対策の概要もカンタンにご説明いたします。

多くのお問い合わせ、誠にありがとうございます。
最近、メールアドレスの間違いが増えてきており、返信できません。
送信前に再度ご確認いただきますようお願いいたします。

『Googleマイビジネス』と『MEO対策』の違い

GoogleマイビジネスとMEO対策の違いは、WebサイトとSEOの関係と同じです。

Webサイトを作っても、なかなかアクセスは増えませんが、
SEO対策により、検索順位が改善し、集客が底上げできるようになりますよね?
同じようにマイビジネスに登録しただけでは、なかなか集客できません。
MEO対策により、お店の検索順位を改善していく必要があるのです。

Googleマイビジネスは『ツール』

『マイビジネス』は、ビジネス情報を編集できる「ツール」です。
編集した情報はGoogle 検索や Google マップなど、さまざまなサービスに表示されます。

iPhoneやiPadに搭載されている「Appleマップ」や、
Yahooのサービス「Yahoo!地図」には表示されません。

ただ、検索エンジンで圧倒的なシェアを誇っているのはGoogleですから、
『マイビジネス』は店舗集客にとても有効です。

MEO対策は『技術』

『MEO対策』は、お店や会社などを検索しやすくする「技術」です。
『マイビジネス』はもちろん、お持ちのWebサイト・SNSなどを最適化していきます。

Googleは、ネット上の様々な情報を収集、ユーザーに合わせて表示しています。
そのため、WebサイトやSNSなども対策していく必要があるのです。

MEO対策をもっと知りたい方は、下記記事もご覧ください。

ローカルSEO(MEO)の紹介『ローカルSEO(MEO)』で、店舗集客がラクになる理由【集客にお悩みのかたへ】

MEO対策は何をするの?

では、MEO対策は何をするのか?
概要についてご説明します。

MEOで対策することは、大きく分けて2つ。
それは「ペナルティの回避」「情報の最適化」です。

MEO対策1.ペナルティの回避とは?

「ペナルティの回避」とは、
マイビジネスのポリシーに従い、データを修正することです。

「普通に登録すればいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、
違反しているケースは多くみられます。
最悪、アカウント停止や、マップ上から削除されてしまう場合もあるのです。

対策2.情報の最適化とは?

「情報の最適化」とは、
モレが無いように、全ての情報を適切に登録することです。

マイビジネスは、しょっちゅう機能が追加されています。
そのため、半年ほど経つと必要な情報が足りていないということもあるのです。

最近の例では、お店の説明文が750文字以内で記述できるようになったり、
動画がアップロードできるようになりました。

なお、上でも軽くご説明した通り、
マイビジネス以外のWebサイトやSNSなども対策する必要があります。

下記記事を参考までにご覧ください。

まとめ

今回は、『Googleマイビジネス』と『MEO対策』の違いをご説明いたしました。

ポイントをまとめます。

  • Googleマイビジネスは『ツール』
  • MEO対策は『技術』
  • 「ペナルティ回避」と「情報最適化」が主なMEO対策

「自分でMEO対策するのは難しそう…」という方は、お気軽にご相談ください!

 

『MEO(地図エンジン最適化)』のご相談はこちら

MEO(地図エンジン最適化)は、360株式会社にお任せください!
GoogleマップやAppleマップに、御社のビジネス情報を正しく登録いたします。
360株式会社の『MEO(地図エンジン最適化)』は、初期費用のみ。
どうぞお気軽にご相談ください!

360株式会社のWebサイト