【無料】Appleマップに店舗を登録する方法【MEO対策にもなる】

「Googleマップ」でGoogleユーザーにアピール

お店の集客にお悩みのオーナー


Appleマップにお店を登録したい人

「Appleマップにお店を登録したいな。
どうやって申請すればいいのかな?」

この疑問に答えます。

本記事を書いている私は、これまで様々なお店の
MEO対策(ローカルSEO)に取り組んできました。
Googleマップだけでなく、Appleマップにも登録することで、
多くのユーザーにお店を知ってもらうことができます。

それでは『Appleマップ』へ店舗を登録する方法を解説します。

Appleマップとは?

Appleマップは、iPhoneやMacなどApple製品に標準搭載されている地図です。

Googleマップに比べて、使いにくいと言われていたAppleマップ。
しかし、アップデートされ続け、今では使い勝手が飛躍的に向上しています。

今後のアップデートについても、以下の通り発表がありました。

  • ストリートビューのように、360度見回すことができる「Look Around」
  • 主要都市を3Dビューで上空から眺めることができる「Flyover」
  • デパートやビルなどの屋内地図を正確に登録できる「インドアマップ

これを見ると、急速にGoogleマップに近づいている印象です。
音声入力できるSiriと相性が良いのもポイントですね。

最近は、日本国内でのApple Maps撮影車も目撃されるようになりました。
ちなみに撮影のスケジュールと場所はこちらで公開されています。

『Appleマップ』
https://www.apple.com/jp/ios/maps/

Appleマップ 登録方法

Appleマップへの店舗登録は、
「Maps Connect」というサイトから登録ができます。

『Maps Connect』
https://mapsconnect.apple.com

まずはMaps Connectにアクセスしましょう。
すると以下の画面が表示されます。

(1)Maps Connectにアクセス

Appleマップ サインイン

【Apple IDをお持ちの方】
「サインイン」をクリックして次の画面に進んでください。

【Apple IDをお持ちでない方】
Appleのサービスを利用するには「Apple ID」が必要です。
下記リンクより新規作成してください。無料で作れます。

『Apple ID』の新規作成
https://appleid.apple.com

(2)サインイン‐IDとパスワードの入力

Apple Maps Connect サインイン

Apple IDとパスワードを入力して、ログインします。

(3)サインイン‐2ファクタ認証

Apple Maps Connect 2ファクタ―

Apple IDを作成時に登録した携帯電話に、
コードがショートメッセージで送られてきます。

そのコードを入力しましょう。

(4)場所を追加

Apple Maps Connect 登録

画面右上にある「場所を追加」をクリックします。

(5)基本情報を入力

Apple Maps Connect 基本情報

場所の名前、電話番号、営業時間などを入力します。
また関連するウェブサイトを登録していきます。

(6)審査へ提出

Apple Maps Connect 審査に提出

全ての情報を入力し、電話によるオーナー確認も終わると
「審査へ提出」が可能になります。

(7)提出終了

Apple Maps Connect 審査に提出

これで、提出完了です。

審査が終わると、メールで結果が届きます。
なお、審査結果が出るまでは数日~2週間くらいです。

まとめ

今回は、『Appleマップ』へ店舗情報を登録する方法を解説しました。
ぜひ、いろんなデジタル地図を最適化して、集客底上げに役立ててください。

ご自身で作業するのは大変だという方は、
ぜひ弊社のMEO対策サービスをご検討下さい。

MEO対策「マップでアップ」

今後もMEO対策やデジタルマーケティングの情報を発信していきます。
また見に来ていただけると嬉しいです!

MEO対策会社をお探しですか?

MEO対策は360株式会社にお任せ下さい!
GoogleマップやAppleマップなど複数のデジタル地図を最適化し、検索されやすくすることで、お店の集客力をアップします。
東京都主催「世界発信コンペティション」で受賞した安心のサービスです。

MEO対策「マップでアップ」サービス概要