ビジネスに役立つWebマーケティング情報サイト

飲食店のネット集客方法5選+1【ファミリー層を狙え】

飲食店のネット集客方法5選+1【ファミリー層を狙え】

この記事では、飲食店におすすめのネット集客方法5つと、超おすすめのオフライン集客方法1つをご紹介します。

この記事でスッキリするお悩み
・飲食店のネット集客方法について知りたい。
・費用対効果の高い集客方法を知りたい。
・コロナ後の集客戦略を知りたい。

伊藤

店舗集客専門のWebマーケティング会社、360株式会社代表の伊藤です。
飲食店は、東京だけで40店舗以上ネット集客をサポートしてきました。
この経験から、飲食店におすすめの集客方法についてまとめます。

飲食店が集客を失敗する3パターン

飲食店が集客を失敗する3パターン

まず、飲食店の集客失敗パターンからお話します。
僕がサポートさせていただいた飲食店では、以下3つのパターンでした。

飲食店の集客失敗パターン3選

(1)オフライン集客ばかりしている
(2)グルメサイト頼みになっている
(3)
狙う客層を変えていない

それぞれ、解説します。

失敗パターン1: オフライン集客ばかりしている

まず多いのが、このパターンです。
ポスティングやティッシュ配りなど、お客様に直接はたらきかける方法に注力して、ネット集客をほとんどしていないケースです。

チラシ配りは、店のオープニングや、◯◯周年のようなタイミングなら良いんです。
ただ、毎月のように配っているとお客様もウンザリしてきます。
しかも、チラシやティッシュには割引券をつけるのが当たり前ですから、
「しょっちゅう割引している店だな…」というマイナス印象を与えます。

そして何より反応率の悪さです。
1,000枚配っても、来店してくれるのは一桁というのは当たり前です。
飲食店のポスティングは、回数を重ねるたびに、費用対効果が悪くなるのです。

失敗パターン2: グルメサイト頼みになっている

次に多い失敗が、これ。
ホームページもなく、ネットにあるお店情報はグルメサイトだけ、というパターンです。

まず、グルメサイトの多くは、月額費+送客手数料が必要になります。
そのため、毎月の利益を圧迫してしまい、かなりの痛手になります。

さらに、コロナの影響で忘年会や歓送迎会のニーズが激減していることもあり、グルメサイトの集客力は、全盛期に比べかなり落ちています。

失敗パターン3: 狙う客層を変えていない

失敗パターン3つめは、狙う客層を変えていないケースです。
飲食店の客層は、ビジネス、カップル、男性中心、女性中心、ファミリー向け、おひとり様の6種類と僕は考えています。

この中で、今もっとも狙うのが難しい客層が「ビジネス」「男性中心」です。
コロナの影響で、ビジネスの会食・飲み会需要は、いつ戻るかわかりません。
そのため、別の客層にアプローチしていかなくてはなりません。

では、どこを狙うか?
ズバリ「ファミリー層」です。

これからの飲食店が、ファミリー層を狙うべき理由

これからの飲食店が、ファミリー層を狙うべき理由

では、これからの飲食店がファミリー層を狙うべき理由を書きます。

ビジネスつながりの会食・飲み会は当分難しい

先に書いたとおり、ビジネスでの外食需要はしばらく難しいでしょう。
まず、テレワークが推奨されて、オフィスに行く日が減っています。
訪問営業や出張も激減しているのです。

自炊頻度が増え、ファミリー層の外食ニーズは高まっている

そして、自宅時間が増えたため、必然的に自炊頻度が上がっています。
しかしながら、朝・昼・晩と、料理をするのは大変手間がかかります。
食べる方も「家の料理、飽きたな…」と内心思っているハズ。
つまり、ファミリー層には強力な外食ニーズがあるんです。

4人までという人数制限に収まることが多い

日本の家族構成を調べてみました。
核家族化している今、多い家族構成は3~4人です。
そのため、国や自治体が推奨する「4人まで」という人数制限にも収まります。

誕生日というイベントが、集客にバッチリ

ビジネス層に、歓送迎会・忘年会・新年会というイベントがあるように、
ファミリー層にもイベントがあります。
「誕生日」です。

ビジネス層のイベントは、12月・1月・4月と特定月に偏っています。
しかし、ファミリー層の誕生日は特定月に偏っていません。
毎日、誰かの誕生日、これを狙わない手はありません。

飲食店のネット集客方法5選+1

飲食店のネット集客方法5選+1

前置きが長くなりましたが、コロナの影響を受けている今、
飲食店の集客は、この方法がおすすめです。

飲食店のネット集客、おすすめ順

1 Facebookページを用意
2 スマホ用ホームページを用意
3 MEO対策で地元客にアピール

4 LINE公式アカウントでリピーター確保

5 無料ポータルサイトに登録

★ 誕生日にバースデーカードを送る

では、順番に解説します。

(1)Facebookページを用意

ひとつめの集客方法は「Facebookページ」です。

Facebookには、たいてい地域のグループがあります。
「駅前に、新しいお店ができた」
「◯◯のラーメン、美味しかった」
などと、ポジティブな口コミが交わされています。

もし、お店のFacebookページを作ってなければ、もったいない!
無料で作れて、地域のFacebookユーザーにアピールできるのです

宣伝にならない程度で、地域ユーザーと交流することをおすすめします。
そうすることで、お店の認知度がジワジワと上がっていくのです。

なお、Instagram集客についても、よくご質問をいただきます。
僕の回答は、
「Instgramは、お客様に頑張ってもらう方が良い」です。

Instagramのようなリア充SNSは、飲食店が頑張って毎日投稿するよりも、お客様が写真を広めたくなるようなシカケ・アイディアを出すことが大事です。

最低でも、各テーブルに
「当店は自由に撮影OKです。SNSにアップしてくださると嬉しいです!」
のように、撮影が当たり前なんだと思わせるPOPを設置しておきましょう。

(2) スマホ用ホームページを用意

ふたつめの集客方法は「スマホ用ホームページ」です。

重要なポイントは、スマホ用にチューニングされていること」です。
というのも、今やお客様の70%以上が来店前にスマホで飲食店を調べているからです。
最低でも、Googleのモバイルフレンドリーテストに合格するようなホームページにしましょう。

モバイルフレンドリーテストとは、Googleの無料ツールです。
URLを入力するだけで、スマホ対応できているか分かるので、ぜひ自分のホームページを調べてみてください。(競合も調べられます)

ホームページを持っていないなら、すぐに用意しましょう。
信頼できる制作会社に頼むのが一番ですが、それなりの費用と時間がかかります。また毎月の管理コストもかかります。

費用・時間がかけられないのであれば、ペライチジンドゥーグーペなどの格安ツールで作りましょう。月額数千円でお店のホームページが持てます。
無料お試し期間もあるので、自分にあったサービスを選んでください。

ホームページ+ブログにすると、更に集客効果が高まります。
時間はかかりますが、自作すると月にかかるコストは1,000円台です。
以下記事に手順をまとめています。

エックスサーバーでWordpressブログを始める手順(初心者向け)エックスサーバーでWordPressブログを始める手順(初心者向け)

ホームページは、24時間365日お店の情報を発信し続けてくれる最安の集客ツールです。
そして、多くのお客様が来店前に確認する場所でもあるのです。

(3)MEO対策で地元客にアピール

みっつめの集客方法は「MEO対策」です。

MEO対策とは、Google・Appleマップなどのお店情報を最適化し、検索しやすくする集客方法です。
その結果、店舗の閲覧数が増え、来店につながるお客様が増えていきます。

Googleマップは、地元客への告知がタイムリーにできるのもポイントです。
コミュニティフィードという機能があり、地域のつぶやきが見れるのです。
お店の情報発信をすることで、地元客との距離感を縮めることが可能です。

飲食店 で、MEO対策をしているお店は、多くありません。
僕がサポートしたお店では、3ヶ月でお店の閲覧数が2倍になった例もあります。
最も広まっているGoogleマップの国内利用者は、月間4,700万人を突破しています。
これを活用しない手はありません。

ぜひ、競合店が着手する前に、MEO対策「マップでアップ」をご検討ください。
初期費用のみで導入できるので、毎月の利益も圧迫しません。

)LINE公式アカウントでリピーター確保

よっつめの集客方法は「LINE公式アカウント」です。

ちょっと前まではLINE@というサービス名でしたが、2020年4月からLINE公式アカウントへ完全移行しました。

LINE公式アカウントは、新規客よりも、リピート客獲得に力を発揮します。
クーポンやショップカードなどの機能が充実しているからですね。

ただ、今後は新規客の獲得も期待できそうな雰囲気です。
LINE広告という集客サービスが、充実してきているのです。
僕の会社でもテストマーケティング中です。

なお、LINE公式アカウントは無料で使えますが、メッセージ通数によっては有料プランになります。詳しくは公式サイトでご確認ください。

)無料グルメサイトに登録

いつつめの集客方法は「無料のグルメサイト登録」です。

ここでのポイントは、無料ということです。

飲食店のポータルサイトは、本当にたくさんあります。
しかし、どのサイトが集客に役立つかは、比較しないとわかりません。
そのためにも、まずは無料登録できるサイトに登録すべきなのです。

僕は、 グルメサイト・口コミサイトを毎年調べています。
最新の情報も下記記事にまとめていますので、まずは無料サイトに片っ端から登録をおすすめします。

【2022年版】飲食店の集客に役立つグルメサイト28選飲食店の集客に役立つグルメサイト・ポータルサイト28選【2022年版】

★誕生日にバースデーカードを送る

最後にご紹介する集客方法は、「誕生日にバースデーカードを送る」です。

こればかりは、メールやLINEのようなデジタルよりも、ハガキがおすすめです。
誕生日にバースデーカードを貰って喜ばないお客様はいません。

ただし、バースデーカードを送るにはお客様の連絡先を取得しておく必要があります。
トレタのような顧客管理システムが楽ですが、紙でも構いません。

各テーブルに
「お客様の連絡先をご登録していただければ、お誕生日にちょっとしたプレゼントを送らせていただきます。ご精算時にレジ係にお渡しください」
と記入用紙を置いておくだけでも、顧客リストが溜まっていきます。

4人家族であれば4回バースデーカードを送れるわけですから、家族揃ってリピート来店していただくチャンスが生まれます。
ポスティングより、はるかに反応率が高いはずです。

【まとめ】飲食店のネット集客は、ファミリー層を狙え

本記事では、飲食店の集客方法についてご紹介しました。
最後にもう一度まとめます。

飲食店のネット集客方法まとめ

1 Facebookページを用意公式サイト
2 スマホ用ホームページを用意  ペライチジンドゥーグーペ 
3 MEO対策で地元客にアピール
 マップでアップ
4 LINE公式アカウントでリピーター確保
 LINE公式アカウント
5 無料ポータルサイトに登録
ポータルサイト一覧
★ 誕生日にバースデーカードを送る

飲食店の集客アップには、地元客・リピート客の来店促進が大事です。
ぜひ、今回ご紹介した集客方法を試してみてください。

  LINE友だち登録で、Webマーケティングの無料相談を受付中です! LINE登録バナー
『Webマーケティング』のご相談は360株式会社にどうぞ!

Webマーケティングでしたら、360株式会社にご相談ください。
クライアントのビジネスに合わせた施策をご提案いたします。

360株式会社のWebサイト