ビジネスに役立つWebマーケティング情報サイト

美容室・サロンのネット集客方法6選【おすすめ順に紹介】

美容室・サロンのネット集客方法6選【おすすめ順に紹介】

この記事では、美容室・サロンのネット集客方法を6つご紹介します。

この記事でスッキリするお悩み
・美容室、サロンのネット集客方法について知りたい。
・できるだけ費用をかけないで集客したい。

伊藤

店舗集客専門のWebマーケティング会社、360株式会社代表の伊藤と申します。美容室・サロンの集客については、銀座、千葉、上野など美容室の激戦区や、ひとり美容室・ひとりサロンのネット集客をサポートしてきました。この経験から、おすすめの集客方法についてまとめます。

美容室やサロンが集客を失敗する3パターン

美容室やサロンが集客を失敗する3パターン

まず、経験からお話します。
僕がサポートさせていただいた美容室・サロンは、以下3パターンで集客失敗をしていました。

美容室・サロンの集客失敗パターン3選

(1)ネット上にお店情報が少ない。
(2)広告宣伝費の配分が偏っている。

(3)集客方法の順番が間違っている。

それぞれ、解説します。

失敗パターン1:ネット上にお店情報が少ない。

まず多いのが、このパターンです。
ネット上で、お店が見つからない・検索できないという状態です。
中には、ホームページをお持ちでないお店もありました。

今や、ほとんどのお客様が、来店前にスマホでお店を調べています。
ネット上にお店情報が少なければ、来店してくださるチャンスも減るのです。

失敗パターン2:広告宣伝費の配分が偏っている。

次に多い失敗が、これ。
広告宣伝費はかけているものの、ひとつの方法にドカーンとかけてしまい、他の集客方法を試していないパターンです。

よくあるのが、ポータルサイトだけに予算をかけてしまうこと。
毎月の利用費+1件あたりの予約費で、毎月の利益を圧迫するケースです。

失敗パターン3:集客方法の順番が間違っている。

失敗パターン3つめは、集客の順番が間違っているパターンです。
例えば、多くの時間をかけてSNSやブログ更新を頑張っているお店が多いです。

決して、SNSやブログの集客効果を否定しているわけではありません。
もちろん、長期的には集客力アップにつながると思います。
ただ、商圏のお客様に気づいてもらうまで時間がかかるケースが多いのです。


というわけで、美容室・サロンのネット集客方法をおすすめ順に紹介します。

美容室・サロンのネット集客方法6選【おすすめ順】

美容室・サロンのネット集客方法6選【おすすめ順】

ズバリ。
美容室・サロンの集客方法は、この順番がおすすめです。

美容室・サロンのネット集客、おすすめ順

1 スマホ用ホームページ( ペライチジンドゥーグーペ
2 MEO対策で地元客にアピール(
マップでアップ
3 LINE公式アカウントでリピーター確保(
LINE公式アカウント
4 無料ポータルサイトに登録(
ポータルサイト一覧
5 リスティング広告で集客(
Google広告
6 有料ポータルサイトに登録
ポータルサイト一覧

では、順番に解説します。

(1)スマホ用ホームページを用意

ひとつめの集客方法は「スマホ用ホームページ」です。

重要なポイントは、「スマホ用にチューニングされていること」です。
というのも、今やお客様の70%以上がスマホで美容室・サロンを探しているからです。
最低でも、Googleのモバイルフレンドリーテストに合格するようなホームページにしましょう。

ちなみに、モバイルフレンドリーテストとは、Googleの無料ツールです。
URLを入力するだけで、スマホ対応できているか分かるので、ぜひ自分のホームページを調べてみてください。(競合も調べられます)

ホームページを持っていないなら、すぐに用意しましょう。
信頼できる制作会社に頼むのが一番ですが、それなりの費用と時間がかかります。また毎月の管理コストもかかります。

費用・時間がかけられないのであれば、ペライチジンドゥーグーペなどの格安ツールで作りましょう。月額数千円でお店のホームページが持てます。
無料お試し期間もあるので、自分にあったサービスを選んでください。

ホームページは、24時間365日お店の情報を発信し続けてくれる最安の集客ツールです。
そして、多くのお客様が来店前に確認する場所でもあるのです。

(2)MEO対策で地元客にアピール

ふたつめの集客方法は「MEO対策」です。

Google・Appleマップのお店情報を最適化し、検索しやすくする集客方法です。
その結果、店舗の閲覧数が増え、来店につながるお客様が増えていきます。

Googleマップは、地元客への告知がタイムリーにできるのもポイントです。
告知というと大げさに聞こえますが、お店のちょっとした変化でもいいのです。
内装をちょっと変えた、新しいスタッフが入った、雑誌のラインアップを変えたなどでも構いません。
情報発信をこまめにして、地元客との距離感を縮めることが大切です。

美容室・サロン で、MEO対策をしているお店は、多くありません。
僕がサポートしたお店では、3ヶ月でお店の閲覧数が2倍になった例もあります。
Googleマップだけでも国内月間利用者は4,700万人を突破しています。
これを活用しない手はありません。

ぜひ、競合店が着手する前に、MEO対策「マップでアップ」をご検討ください。
初期費用のみで導入できるので、毎月の利益も圧迫しません。

)LINE公式アカウントでリピーター確保

みっつめの集客方法は「LINE公式アカウント」です。

ちょっと前まではLINE@というサービス名でしたが、2020年4月からLINE公式アカウントへ完全移行しました。

LINE公式アカウントは、新規客よりも、リピート客獲得に力を発揮します。
クーポンやショップカードなどの機能が充実しているからですね。

ただ、今後は新規客の獲得も期待できそうな雰囲気です。
LINE広告という集客サービスが、充実してきているのです。
僕の会社でもテストマーケティング中です。

なお、LINE公式アカウントは無料で使えますが、メッセージ通数によっては有料プランになります。詳しくは公式サイトでご確認ください。

)無料ポータルサイトに登録

よっつめの集客方法は「無料のポータルサイト登録」です。

ここでのポイントは、無料ということです。

美容室・サロンのポータルサイトは、本当にたくさんあります。
しかし、どのサイトが自分のお店の集客に役立つかは、比較しないとわかりません。
そのためにも、まずは無料登録できるポータルサイトに登録すべきなのです。

僕は、 美容室・サロンのポータルサイトを毎年調べています。
最新の情報も下記記事にまとめていますので、まずは無料のポータルサイトに片っ端から登録をおすすめします。

【2022年版】美容室・まつエク・ネイルサロンの集客に役立つ口コミサイト一覧美容室・まつエク・ネイルサロンの集客に役立つ口コミサイト・ポータルサイト29選【2022年版】

)リスティング広告で集客

いつつめの集客方法は、「リスティング広告」です。

お客様の多くは、今通っている美容室・サロンに満足していません。
「自分にあった、お店無いかな…」と、しょっちゅう検索しているのです。

たとえば、「サラサラ 美容室」「髪質改善」 「白髪染め 美容室」 などのように、悩みで検索していることが多いです。

このようなお客様を捕まえるのに最適なのが「リスティング広告」です。
お客様が検索しそうなキーワードを事前に設定しておくことで、検索結果に自分のお店の広告を表示できる仕組みです。
ちなみに、広告をクリックすると、お店のホームページに移動します。

非常に便利なリスティング広告ですが、問題点もあります。
それは、設定や運用に、高度な知識が必要となること。

リスティング広告を自前で運用しているお店も多いですが、基本的な項目が設定されておらず、広告費をムダ使いしているケースが目立ちます。
僕のお客様の例では、東京にあるサロンなのに、なぜか群馬県でも広告表示されてしまう設定になっていました。

このように、リスティング広告は、エリアとキーワードを絞り込まないと、広告費がダダ漏れになってしまいます。広告がクリックされるたびに数百円の費用がかかるので、設定をミスると被害も大きいです。

リスティング広告は、しっかり勉強した上で、挑戦しましょう。

)有料ポータルサイトに登録

最後にご紹介する集客方法が有料ポータルサイトです。

有料ポータルサイトは、一番最後に導入することをおすすめします。
理由は3つあります。

・有料ポータルサイトから来たお客様はリピート率が低い傾向にある

・毎月の掲載料金+1人あたりの予約手数料が、お店の利益を圧迫する

・年間契約のため、途中での解約ができない

有料ポータルサイトの集客力を否定するわけではありません。
しかし、自分のお店に合った客層を集客できるか?シビアに見極める必要があります。
そのため、まずは他の集客施策を優先すべきだと僕は考えています。

有料ポータルサイトについても、下記記事でまとめていますので参考にどうぞ。

【2022年版】美容室・まつエク・ネイルサロンの集客に役立つ口コミサイト一覧美容室・まつエク・ネイルサロンの集客に役立つ口コミサイト・ポータルサイト29選【2022年版】

【まとめ】美容室・サロンのネット集客は、スピードと手順が大事

本記事では、美容室・サロンの集客方法について6つご紹介しました。
最後にもう一度まとめます。

美容室・サロンのネット集客、おすすめ順

1 スマホ用ホームページ( ペライチジンドゥーグーペ
2 MEO対策で地元客にアピール(
マップでアップ
3 LINE公式アカウントでリピーター確保(
LINE公式アカウント
4 無料ポータルサイトに登録(
ポータルサイト一覧
5 リスティング広告で集客(
Google広告
6 有料ポータルサイトに登録
ポータルサイト一覧

美容室・サロンの集客アップには、スピードと手順が大事です。
特に1~4を一気に終わらせることをおすすめします。
ぜひ、今回ご紹介した集客手順で試してみてください。

  LINE友だち登録で、Webマーケティングの無料相談を受付中です! LINE登録バナー
『Webマーケティング』のご相談は360株式会社にどうぞ!

Webマーケティングでしたら、360株式会社にご相談ください。
クライアントのビジネスに合わせた施策をご提案いたします。

360株式会社のWebサイト