ビジネスに役立つWebマーケティング情報サイト

エックスサーバーでWordPressブログを始める手順(初心者向け)

エックスサーバーでWordpressブログを始める手順(初心者向け)

今回は、人気レンタルサーバーの「エックスサーバー」で、Wordpressブログを始める方法を解説します。

ともかず

申し込みからWordpressの設定まで、
画像付きで詳しく手順を説明していきますので、
初心者の方もWordpressでブログを始めることができます。

エックスサーバーがおすすめの理由

僕は現在、10以上のブログを運営していますが、ほぼ「エックスサーバー」です。
ちなみに、法人からブログ構築を依頼されることもありますが、その際も「エックスサーバー」にしています。

僕が「エックスサーバー」をおすすめする理由は3つです。
「サーバの安定性が高い」「複数ブログを運用しやすい」「月額費が安い」です。

以下、詳しく解説します。

理由1:エックスサーバーは、アクセス急増でも安定

ブログを始めていくと、突然バズって、アクセスが急増することがあります。
僕の場合は「習慣が変わる、サブスクリプションおすすめ30選(定額)」がそうでした。

アクセスが急増すると、どうなるか?
たくさんの人が同時にアクセスするため、サーバに負荷がかかるのです。
そして、ページ表示が極端に遅くなったり、ブログ全体が読めなくなる「サーバダウン」になったりします。

つまり、サーバの安定性が低いと、多くの人に読んでもらえるチャンスを逃してしまうのです。
メンテナンスも大変ですし、なにより収益機会が減ってしまいます。

僕は「エックスサーバー」を利用して5年以上になりますが、
アクセス増によるサーバトラブルは一度もありません。
この「安定性」が、エックスサーバーをおすすめする理由のひとつです。

ともかず

なお、エックスサーバーは、サポートも充実しています。24時間365日メール対応してくれるので初心者も安心です。

 

理由2:エックスサーバーは、複数ブログ作成OK

ブログ作成に慣れていくと、複数のジャンルのブログを作りたくなります。
僕の場合は、ダイエット、英会話、サブスク、脳トレなどのブログを運営しています。

しかし、ブログを作るたびに、レンタルサーバを契約するのでは手間も費用もかかります。
その点「エックスサーバー」は安心です。
追加料金不要で、ブログを複数作成できるのです。
(専門用語で「マルチドメイン」といいます)

新しいブログを作ろう!と思ったら、すぐに新規構築できるのは大きな魅力です。

「複数ブログを運用しやすい」のも、エックスサーバーをおすすめする理由です。

ともかず

ひとつのブログだけを運用するより、複数のブログを運用したほうが、成功確率がグンと高まります。

 

理由3:コスパが高い!1年契約なら月額たったの1,100円

エックスサーバー」は、安定性と拡張性に優れているだけでなく、コスパが高いです。

僕が契約している「X10プラン」は、一番安いプランで年間13,200円しかかかりません。
月当たり、たったの1,100円です。
この金額で、SEO対策に必須の独自SSLも無料で利用できるのです。

独自SSLとは?
独自SSLとは、データのやりとりを暗号化し、第三者に覗かれないようにする設定のことです。設定すると、URLの先頭がhttp://~からhttps://~となります。
SSLは、Googleも推奨しているので、必ず設定しておきましょう。

ともかず

エックスサーバーは「安定性」「拡張性」「コスパ」の3つが全て優れています。これからブログを作成したい方には特におすすめです。

 

それでは、エックスサーバーでブログを始める手順を解説していきます。

【手順】エックスサーバーでWordpressをインストールする

エックスサーバーで、Wordpressブログを始める流れは以下のとおりです。
たったの3ステップで、あなただけのブログが作れるのです。

手順1:エックスサーバーに申し込み

手順2:アカウント情報の登録

手順3:
WordPressにログインする

全部で30分くらいの作業時間です。
サクッと一気に終わらせてしまいましょう。

手順1:エックスサーバーに申し込み

まず、「エックスサーバー」の公式サイトに行きましょう。

エックスサーバー公式サイト  

1-1.お申し込みフォームへ

上部メニューの[お申し込み]にカーソルを当てます。

お申し込みにカーソルを当てる

 

メニューの中から[サーバーお申し込みフォーム]をクリックします。

サーバーお申し込みフォームをクリック

 

[初めてご利用のお客様]の方をクリックします。

新規お申し込み

1-2.フォームの入力

フォームが表示されるので1つずつ入力していきます。
まずは、「サーバーID」です。
ただ、サーバIDは自動的に決まるので、特に設定する必要はありません。
どうしてもこだわりたい場合は[自分で決めるを選びましょう。

サーバー契約内容

次に「プラン」ですが、最安のX10プランで良いと思います。
僕は月間PVが100万超のブログも運営していますが、X10プランで不足を感じたことはありません。

最後に「WordPressクイックスタート」です。
任意項目になっていますが、[利用する]にチェックを入れましょう。

WordPressクイックスタートを選ぶと、10日間無料お試し期間が無くなるデメリットがあります。
しかし、「ドメイン取得・設定、WordPressのインストール、独自SSLの自動設定」をまとめて設定できるので、ブログ開設までの無駄な手間をグッと省けます。

 

1-3. 独自ドメインの取得

「WordPressクイックスタート」を選ぶと、「ドメイン契約内容」が表示されます。

独自ドメインの取得

ドメインとは、インターネット上の住所を、英数字で表したものです。
例えば、amazon.comや、360vr.co.jpなどですね。

取得したいドメイン名を入力すると、使用できるか確認してくれます。
すでに取得されているか使用できないドメイン名です。」と表示された場合、そのドメインは使えません。
他の文字列組み合わせを考えましょう。

なお、ドメインは短くて覚えやすい文字列がおすすめです。
また、ブログの内容をイメージできるドメイン名だと良いです。

 

1-4. WordPress情報の登録

最後に「WordPress情報」の登録をしていきましょう。

WordPress情報の登録

ブログ名、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力していきます。

なお、後で変更できるので、ここで深く悩む必要はありません。

入力が終わったら[Xserverアカウントの登録へ進む]ボタンを押して次に進みましょう。

 

手順2:アカウント情報の登録

続いて「アカウント情報の登録」を行いましょう。

2-1. お客様情報の登録

まずは、お客様情報の登録です。

アカウント情報の登録

 

2-2. お支払い方法の登録

次に「支払方法の登録」を行います。

[クレジットカード支払い]「コンビニ/銀行支払い」を選択できます。

支払方法の登録

 

2-3.利用規約の確認

最後に、「利用規約の確認」をします。

利用規約・個人情報の取扱いについて確認したのち、「利用規約・個人情報の取扱いについてに同意する」にチェックをつけましょう。

利用規約の確認

以上で、サーバー申し込みの準備が整いました。
[次へ進む]ボタンをクリックして、進みましょう。

 

2-4.「確認コード」がメールに届く

すると、以下の画面が表示され、「確認コード(認証コード)」がメールに送られてきます。

「認証コード」がメールに届く

以下のメールが届いたら「確認コード(認証コード)」を、先ほどのフォームにある[確認コード]に入力します。

「確認コード」を入力し、申込を完了する

以上で、エックスサーバーの申し込みが完了です!

早ければ数分、遅くとも24時間以内に設定が完了し、「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というタイトルのメールが届きます。
メールが届いたら、次に進みましょう。

 

手順3:WordPressの管理画面にログインする

「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールには、以下のようにWordPressのログイン情報が書かれています。

WordPressにログインする

 

3-1. 管理画面へアクセス

メール内にある「管理画面URL」をクリックします。
すると、WordPressのログイン画面が表示されます。

サーバ申し込み時に設定した「ユーザー名(メールアドレス)」と「パスワード」を入力して、ログインしましょう。

3-2. ダッシュボードが開く

WordPressのダッシュボードが開きます。ここから記事を書いたり、デザインテーマやプラグインをインストールしたり様々な設定を行います。

ダッシュボードが開く

3-3.URLを変更する

設定画面で、URLをhttps://~に変えておきましょう。
ダッシュボードの左側にあるサイドバーから「設定」をクリックします。

設定を開く

 

3-4. アドレスに「s」を加える

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)のhttpの後にsを加えましょう。

アドレスに「s」を加える

 

3-5. 変更を保存

入力が終わったら忘れずに「変更を保存」をクリックしましょう。

変更を保存

3-6. SSL設定完了

これでhttps化の手続きは終了しました。

ブラウザのURLバーを見たときに「 https://〜」となっているか、
マークをクリックしたときに「この接続は保護されています」と表示されていればOKです。

以上で、ブログの土台は完成です!
お疲れさまでした!!

この後は、記事をドンドン書くだけでなく、デザインを変更したり、プラグインで機能を追加したりして、ブログを作っていきましょう。

なお、デザイン変更は、有料のWordPressテーマをインストールするのがおすすめです。
ぜひ、以下の記事も参考にご覧ください。

ホームページの作り方を確認する 有料WordPressテーマの選び方【結論:有力ブロガーをマネる】