テレワーク導入の注意点5つ【長期戦に備えよう】

テレワークを快適にする5つの方法

おはようございます。360株式会社の伊藤です。

コロナ問題でテレワークが一般化してきました。
多くの企業が在宅勤務を推奨し、オフィスでから自宅での仕事に切り替わっています。

ただ、実際に自宅で仕事をしてみると、困りごとも多いはず。
そこで、本記事では「テレワーク導入の注意点5つ」を紹介します。

テレワーク導入の注意点5つ

(導入ポイント1)高速なネット回線にする

ネットワーク回線 見直し

まず、おすすめなのは「ネット回線の見直し」です。

多くの方はテレワークで「遅い!つながらない!」というトラブルに直面します。
家族がいる場合は、なおさら回線見直しの必要性を痛感することになるでしょう。
私の場合、オンライン会議中には子供にYouTubeを控えてもらっていました。
同時接続数を減らさないと音声が途切れてしまい、ストレスフルな商談になるからです。

このようなトラブルは、ネット回線を切り替えることで無くなりました。
今なら、各社積極的にキャンペーンを行っています。

【auひかり】初期工事費実質0円!最大37,500円割引!

【ソフトバンク光】新規お申込みで最大75,000円キャッシュバック!

【楽天ひかり】 最大23,000円還元!

【NURO光】最大8.3万円キャッシュバック!

【フレッツ光】 最大79,000円キャッシュバック

休校も長引いているため、オンライン授業に切り替える学校も増えています。
私の住む葛飾区も、4月中旬からオンライン授業に切り替わります。
ネット回線の見直しは、テレワーク時代に必須だと思います。

(導入ポイント2)テレワーク用の環境を作る

Webサイト

次に取り組むのは「テレワークの環境作り」です。

会議や商談ではZoomやTeamsなどのオンライン会議ツールを使うことが多いでしょう。
テレワークでは、オフィスでは考えられないハプニングが起こります。
放送中に子供が乱入してくるBBCのテレビは大きな話題になりました。

同僚との打ち合わせなら良いと思いますが、取引先とのオンライン会議前には家族やペットが入ってこないように配慮する必要があります。

あと重要なのは「マイク」です。
音が悪いと、相手に大変なストレスを与えてしまいます。
Amazonでは「テレワーク・在宅勤務特集」でいろいろ紹介されています。

参考 テレワーク・在宅勤務特集Amazon.co.jp

(導入ポイント3)デリバリーをフル活用する

飲食店デリバリー

ランチを外で済ませていた方は「デリバリーを活用」しましょう。
UBER EATS出前館楽天デリバリーdデリバリーLINEデリマを抑えておけば、大丈夫だと思います。

ちなみに、デリバリーのコツは「混雑する時間を避けること」。
12時~13時のランチタイムは大混雑するので要注意です。

なお、お弁当派だった方は、食材やミールキットの宅配が便利です。
特にらでぃっしゅぼーやのセットは、超おすすめです。
自分では買わないような野菜や果物が入っていて、毎週届くのが楽しみです。

食材宅配「らでぃっしゅぼーや」
今、新規注文が殺到しているようですので、お早めにどうぞ。

(導入ポイント4)ペーパーレス化を徹底

ペーパーレス

紙資料に慣れていた方は、ぜひこの機会に「ペーパーレス化を徹底」しましょう。

テレワークでは、これまで当たり前だったペーパーワークが無くなります。
オフィスと同じように自宅でプリントアウトしていたら、紙の量に驚くはずです。

なお、ペーパーレス3種の神器は、スキャナー・クラウドストレージ・シュレッダーです。

スキャナーは「ScanSnap」1択です。スキャン性能・スピードが段違いです。
クラウドストレージは、BOXDropBoxGoogleドライブの内からお好みで。
シュレッダーは、3,000円程度のもので十分です。

当たり前ですが、名刺交換の機会も激減します。
これまでの名刺はスキャンしてEightかSanSanを使いましょう。

(導入ポイント5)運動不足を解消

テレワークによる運動不足

テレワークの大敵、それは「運動不足」です。

外に出る機会が減るため、身体を動かさなくなってしまいます。
私も気がついたら驚くような体重になっていて大反省しました。
ぜひ、毎日体重計に乗り、自己管理に努めましょう。

ちなみに「リングフィットアドベンチャー」は、売り切れ続出。
いまや2~3倍の値段で転売されています。
もし、定価で買えるなら、迷わず購入をおすすめします。

まとめ

今回は、テレワーク導入の注意点を5つご紹介しました。

皆様のテレワーク導入の参考になれば嬉しいです。
他にも良い情報がありましたら追記していきますので、ぜひブックマーク・シェアをお願いします。