Instagramの新しい動画アプリ!『IGTV』のポイントと使い方を徹底解説!

IGTV Instagramの動画アプリ

2018年6月21日、Instagramが、動画アプリ『IGTV』をリリースしました!

月間アクティブユーザー数(MAU)が10億人に達し、絶好調の「Instagram」!
次にしかける『IGTV』はどんなアプリなのか?
半日ほど『IGTV』を使って、分かったポイントと使い方をまとめました。

Instagram + TVということで、『IGTV』というネーミングですね~

IGTVのポイント

最長60分までの動画を投稿できる

『IGTV』では、最長60分までの動画を投稿できます。

ちなみに、Instagramは最大60秒、Instagram Storiesは最大15秒でした。
『IGTV』で、一気に表現できることが増えますね!

ただし、60分の動画を投稿するには、条件が2つあります。
(条件1)フォロワー数の多いアカウントであること
(条件2)認証済みのアカウントであること
また、パソコンからアップロードする必要があるそうです。

上記の条件を満たしていないアカウントは、
15秒~10分にする必要がありますので、ご注意ください。
その他の条件は以下のとおりです。

ファイルタイプ:MP4ファイルフォーマット
アスペクト比:縦型で、アスペクト比を4:5~9:16
ファイルサイズ:(10分以内)上限650MB。(最大60分)上限5.4GB。
Instagramヘルプセンターより抜粋しています

縦型、全画面表示

『IGTV』の動画は、縦型で全画面表示されます。

すでに多くの投稿がされており、
渡辺直美さんやひょっこりはんの作品がありました。

FacebookにIGTV動画をシェアできる

『IGTV』の動画アップロード時に、Facebookにシェアが可能です。

InstagramアカウントがすでにFacebookにリンクされている場合は、
ディフォルトでシェアがオンになっています。
シェアしたくないときには、注意が必要です。

今のところ、広告は表示されない

現時点では、『IGTV』に広告は表示されていません。
ただし、盛り上がり次第ではクリエイターのマネタイズできるようになりそうです。

広告分配モデルが確立されれば、Youtubeのように大ブームになるかも!?

Instagramとデータが共有できる

『IGTV』のデータはInstagramと共有できます。

Instagramのアカウントで、『IGTV』にログインすれば、
フォロワー・フォロー中、プロフィールが共有されます。

IGTV内で動画編集はできない

『IGTV』アプリ内では、動画の編集はできません。

テロップ入れ、色味編集、長さ調整などは、
別アプリかパソコンソフトなどで編集する必要があります。

IGTVの使い方

『IGTV』の操作は、スワイプアップを多用します。

スワイプアップとは、画面下から上にスワイプする操作です。
慣れないうちは少し手間取るかもしれません。

スワイプアップでメニュー表示&動画検索

メニューを表示するには、画面下からスワイプアップ。

メニューからは、検索、投稿、IGTVの設定ができます。

IGTV画面 スワイプアップ

画面タップで、いいね!やコメントができる

再生中に、画面をタップすると、いいね!やコメントができるようになります。

Instagramと同じアイコンなので分かりやすいです。

IGTV FIRST AIRLINE 画面

左右のスワイプで動画を選択できる

『IGTV』は、自動的に再生されていきます。

次の動画を見たいときは、右にスワイプ。
前の動画は、左にスワイプで、カンタンに切り替えられます。

IGTV画面 左右スワイプ

チャンネル作成の方法(IGTVアプリから)

『IGTV』に投稿するには、まず自分のチャンネルを作る必要があります。

チャンネル作成の手順は以下のとおりです。

チャンネル作成の手順
1.メニューを表示します。(画面下からスワイプアップ)

2.設定アイコン(歯車のマーク)をタップします。

3.[チャンネルを作成]をタップします。

私の環境では、まだできませんでしたが、
Instagram.comからもチャンネル作成ができるようです。

動画投稿の方法(IGTVアプリから)

動画投稿の手順は以下のとおりです。IGTV 動画投稿画面

動画投稿の手順
1.メニューを表示します。(画面下からスワイプアップ)
2.自分のアイコンをタップします。
3.[+(プラス)]をタップして、投稿する動画を選択します。

4.[カバーを編集]をタップすると、画像を選択できます。

カバーとは、いわゆるサムネイル写真です。
5.タイトルと説明文を入力して[投稿する]をタップします。

こちらも、私はできませんでしたが、
Instagram.comからも投稿ができるようです。
キッチリ編集した動画や、時間の長い動画は、
パソコンから投稿したほうが良さそうですね。

まとめ

すでに、渡辺直美さん木下優樹菜さんなどいろいろな方の作品があり、
ついつい時間を忘れて見続けてしまいます。

個人的には、ゆうこすこと菅本裕子さんのつくりが参考になりました。
縦に表示されるテロップが、すごく読みやすいんです。
今までテレビや映画などで横テロップばかり見ていたので、新鮮でした!
菅本裕子さんのIGTV #1

Instagramでは、「インスタ映え」という言葉ができるほどのブームですが、
『IGTV』は、どんな盛り上がりになるのか楽しみです!

ムービージェニック?ビデオジェニック?どっちだろう?
『Web集客』のご相談はこちらからどうぞ!

Web集客でしたら、360株式会社にお任せください!
検索エンジンからニーズを抽出する「サーチニーズマーケティング」で、
クライアントのビジネスに合わせた最新手法のWeb集客をご提案いたします。
お客様のニーズをつかむことは、売上アップにつながります。
単なるホームページではなく、集客ツールとしてのホームページにしませんか?
どうぞお気軽にご相談ください!

360株式会社のWebサイト