Osmo Action発表!GoPro HERO7と比較してみた!

OSMO ACTION - DJI初のアクションカメラ登場!

こんにちは。360株式会社の伊藤です。(@naruhodo_iine

今日、5月15日(水)夜遅くに、DJIからこんなメールが届きました。
「Osmo Actionのご紹介」

びっくりしました!
なんと、DJIからアクションカメラの発表です!

早速、購入ボタンを押すとともに、
GoPro HERO7と比較していたら興奮して眠れなくなったので、
こうして記事にまとめています(笑)

Osmo ActionをYoutubeで見る!

まず、Youtubeを探したところ、Osmo ActionのPVが2つありました!

DJI – Osmo Action 紹介映像

こちらのPVは、Osmo Actionの使い方がわかるようにできています。
正面のスクリーンは、セルフィー用なんですね。なるほど〜。

DJI – Osmo Action 「新たな自分を、解き放て。」

こちらのPVでは、いろんなシチュエーションでの使い方を説明しています。
「UNLEASH YOUR OTHER SIDE」というキャッチコピーがかっこいいです。

Osmo ActionとGoPro HERO7の比較

「Osmo Action」と「GoPro HERO7」は何が違うのか?
気になったので、公式サイトの情報を基に比較してみました。

Osmo Action、GoPro HERO7 比較表

Osmo Action GoPro HERO7
価格 44,820円(税込) 53,460円(税込)
動画 4K60 4K60
スローモーション 8倍 8倍
タイムラプス あり あり
オーディオ ?? 3.5mmオーディオマイク入力
写真 ?? 12MP
スタビライズ機能 あり(Rock Steady) あり(Hyper Smooth)
防水機能 水深11m 水深10m
音声コントロール 5種類(英語・中国語のみ) 16種類(日本語OK)
重さ ??グラム 116グラム
サイズ ?? 幅62.3mm、高さ44.9mm

公式サイトには細かいスペックが掲載されておらず分からないところも多いですが、
Osmo Actionは、GoPro HERO7より1万円近く安いのはインパクトありますね。

あとは、アクションカメラ初?の「デュアルスクリーン」が気になるところです!

Osmo Actionの、疑問点3つ!

DJIが出すアクションカメラということで、
この間Osmo Pocketを購入したばかりなのに早速購入しました!
「Osmo Action」で、個人的に気になるところは3つあります。

1.GoPro HERO7とマウントは共有できるのか?

GoProシリーズの強みのひとつが「マウント」だと思うんです。
もし、マウントが簡単に共有できるようであれば、
試してみようというGoProユーザーも多いと思いますね。

2.Osmo Actionの重さとサイズは?

GoPro HEROの重さは116グラムと軽量!
かつ幅62.3mm、高さ44.9mmとかなりコンパクトですが、
Osmo Actionの重さとサイズは、公式サイトで見つけられませんでした。

ただ、写真で見る限り、負けず劣らず小さい気がします。

3.フロント画面とバック画面の切り替えとは?

Osmo Actionの公式サイトで「?」と思ったのが、
フロント画面とバック画面が切り替えできること。

音声操作やダブルタップ、クイックスイッチボタン(QSボタン)など
複数の方法で、スクリーンを切り替えることができるそうなのですが、
どのようなシーンで切り替える必要があるのか、イマイチ不明です。

Osmo Actionが届いたらGoPro HERO7との比較レポートします!
お楽しみに!

Osmo Action注文画面