GoPro Fusion編集ソフト「FUSION STUDIO」の使い方まとめ

アイキャッチ_Fusion Studio

GoPro Fusion編集ソフト「FUSION STUDIO」の使い方まとめ

今回は、Fusion Studioの使い方についてまとめます。
GoPro Fusionの360度動画編集には「Fusion Studio」というスティッチソフトを使います。

スティッチは、「映像データの縫い合わせ」のことです。
GoPro Fusionは、前面と背面のレンズで撮影しますが、データは2つに分かれています。
それをスティッチすることにより、360度見回せるVR映像になるわけです。
Fusionステッチイメージ
上図はステッチのイメージです。GoPro公式動画から抜粋しました。

ソフトのダウンロード

Fusion Studioのダウンロード

Fusion Studioは、GoPro Fusion公式サイトから無料でダウンロードできます。
ページの下のほうにあります。
Fusion Studioダウンロード場所

●Fusion Studio ダウンロード場所
https://jp.shop.gopro.com/APAC/cameras/fusion/CHDHZ-103-master.html

GoPro VR Playerのダウンロード

ついでにGoPro VR Playerもダウンロードをオススメします。
GoPro Fusion以外のカメラで撮影した360度VR写真や動画も再生できるプレイヤーです。
ちなみに、GoPro VR Playerは、フランスの「Kolor」が無料で提供しています。
2015年に、Goproに買収されました。GoproによるKolor買収についてのFAQ

GoProVRPlayerダウンロード画面

●GoPro VR Player ダウンロード場所
http://www.kolor.com/gopro-vr-player/download/

GoPro VR Playerを起動すると下記画面が表示されます。
ファイルを画面内にドラッグ&ドロップすると、再生できます。
GoProVRPlayer画面

Fusion Studioの使い方

メディアの読み込み

Fusion Studioを起動するとカメラとローカルのどちらからデータを取り込むか、確認されます。
GoPro Fusionメディア読み込み画面

データの場所を選択すると準備中になり、その後読み込み状況がプログレスバーで表示されます。
Fusion Studioメディア読込中画面

データの読み込みが終わるとEDIT画面に移ります。

EDIT画面の各部説明

EDIT画面です。
左側に映像データ一覧が表示され、右側に編集画面が表示されます。
画面各部の説明を入れてみました。

Fusion Studio_EDIT画面_説明

①設定
データのインポート元、インポート先のフォルダ設定や、GoPro Fusionを接続した際に、自動でFusion Studioを起動するかなどを設定できます。

②状態表示
選択しているファイル数の表示の他、サムネイルの大きさを調整できます。また「ゴミ箱」アイコンを押すと削除できます。(ちょっと小さいです)

③編集/レンダリング切替
編集(EDIT)とレンダリングを切り替えることができます。

④編集中の映像
編集中の映像のほか、ファイル名やタイプスタンプも表示されます。

⑤データ一覧
読み込んだ映像データの一覧が表示されます。

⑥編集エリア

このエリアで映像を編集します。ここがFusion Studioのキモなので、後程また説明します。

⑦レンダリングボタン
映像編集が終わりましたら、こちらでレンダリング(動画の生成)をします。

EDIT画面編集エリアの説明

EDIT画面の右下の編集エリアは、大きく分けて3つの画面があります。
Horizon(水平設定)、Settings(色味設定)、OVERCAPTUREの3つです。
HorizonとSettingsの切り替えは、右上の赤枠内のボタンで切り替えます。
OVERCAPTUREの切り替えは左上のスライドスイッチで切り替えます。

Horizon

EDIT画面編集エリア_Horizon
Horizonは、360度VR映像の傾きを設定できます。
Yaw、Pitch、Rollそれぞれ「0.01度」単位で調整できます。
また、このエリアで、スタビライゼーションの設定ができます。
None、Anti-Shake、Full Stabillizationの3種類です。

None
素のデータのままで、スタビライゼーション処理を全くしません。
Anti-Shake(ぶれ防止)
ブレを除去、ビデオを滑らかにし、カメラの向きを安定させます。
GoPro Fusionを、自分の体や、自転車などに付けて撮影した映像に最適です。
Full Stabillization(完全安定化)
ビデオを滑らかにし、視点を一方向に固定します。
ヘッドセットやVRの視聴に最適です。

Settings

EDIT画面編集エリア_Settings
Settingsでは、映像の色味を設定できます。
「Color」は、FlatとGoProの2種類切り替えられます。
Flatは色設定をしない場合、
GoProを選択すると、GoProオススメの色味に変換してくれます。
下記は、浅草を撮影して、FlatとGoProのカラー設定を見比べたものです。
GoProのカラー設定を入れると、かなりキリッとした映像になりました。
GoPro Fusion_Color設定

また、手動で細かく調整も可能です。

Temperature(色温度)
Tint(色合い)
Shadows+Highlights(明るさ)
Sharpness(シャープ)

※翻訳はちょっと間違っているかもしれません。

OVERCAPTURE

最後にOVERCAPTUREです。
EDIT画面編集エリア_overcapture
下半分は、ほとんどHorizonと同じなのですが、
Ratioで画角を3種類、Projectionで見え方を2種類切り替えられます。

【Ratio(画角)】
16:9
4:3
Square(正方形)

【Projection(投影法)】
Little Planet
Fisht Eye

360度VR動画から、好きなアングルを決めて切り出す場合は、FishEyeを選択します。
下記は、16:9の画角で、Little PlanetとFishEyeの比較です。
好きなアングルを切り出す場合は、FishEyeを選択します。
LittlePlanetとFishEyeの比較

レンダリング

編集が終わったら、レンダリングです。
データを選択してからレンダリングボタンを押すと、下記の画面が表示されます。
レンダリング画面
生成する動画をどのメディアに使用するのか選択します。
Editingは、さらにPremiereやAfterEffectsで編集する場合。
その他は、Facebook、Youtube、VIMEO用にそれぞれ生成できます。

また映像の解像度と、音声をステレオにするか、空間音声にするかを選択すると
下記画面になります。
レンダリング画面一覧ここで、編集が終わった映像を、一気にレンダリングします。
レンダリングには結構時間がかかるので、寝る前に設定して一気にレンダリングするのがオススメです。

なお、個別にレンダリング設定をする場合は、ファイル名をクリックすると、
下記画面に切り替わり修正が可能になります。
レンダリング画面詳細

最後に、microSDカードをGoPro Fusionに戻す時に、前面と背面を入れ間違えることがあります。
その場合、電源を入れると下記のように表示されるので、場所を入れ替えてみてください。
カード入れ間違え

まとめ

今回はステッチソフト「Fusion Studio」の使い方についてまとめました。
次回は、360度VR動画や、OVERCAPTUREのデモ映像を作成し、いろいろ比較したいと思います。
楽しみにしていてください!

※2018年3月1日追記
『GoPro Fusion』でトランポランド・スタッフさんのスゴ技を撮影してきました!

アイキャッチ_トランポランド_GoProFusion
トランポランド・スタッフさんのスゴ技を『GoPro Fusion』で撮る!

※2018年5月11日追記
『GoPro Fusion』で浅草・雷門~仲見世通りを撮影してきました!

雷門_360度_浅草
浅草・雷門~仲見世通りを、360度VR動画で疑似体験!
『集客』のご相談はこちらからどうぞ!

集客のお悩みでしたら、360株式会社にお任せください!
デジタルとアナログを組み合わせたオリジナルの手法で、
店舗や観光スポットなどの集客課題を解決いたします。
どうぞお気軽にご相談ください!

360株式会社のWebサイト