ネットで稼ぐノウハウを集めた、Webマーケティングお役立ちブログ

SEO初心者におすすめ、分析ツール3選【無料で使える】

SEO初心者におすすめ、SEO分析ツール3選【無料で使える】

SEOの初心者向けに、無料で使える分析ツールを3つご紹介します。

Webサイトやブログのアクセス数が増えないとお悩みの方。
もしかしたら、基本的なSEO対策が不十分かも知れません。

まずは、無料のSEO分析ツールで、自分のサイトを確認してみましょう。
ツールの使い方も紹介しますので、ぜひ最後まで読んで頂けると嬉しいです。
「SEO対策の手順が分からない初心者」や、
「自分のサイトのSEO対策を知りたい初心者」に役立つと思います。

(SEOツール1)入力モレを確認できるツール

まず、最初にご紹介するのは「SEOチェキ」です。
このツールでは、重要な項目の「入力モレ」が確認できます。

SEOチェキ

SEO対策の基本項目3点セット

SEO対策の基本中の基本。それは、
「title・description・h1」を適切に書くことです。

それぞれの内容は以下の通りです。

  • ページのタイトル title 
  • ページの説明文 description 
  • ページの見出し h1 

この「title・description・h1」の3点セットは、SEO対策で超重要です。
空白の場合は、検索流入は見込めません。

 

「SEOチェキ」の使い方

では、実際にSEOチェキで確認しましょう。
確認したいページのURLをSEOチェキに入力します。

すると、ページ情報が表示されます。
「title・description・h1」を確認しましょう。
空白で無ければ、第一段階はクリアです。

 

「title・description・h1」の書き方

次にそれぞれの内容を確認していきましょう。
ページ情報の画面を見てみます。

上の例では、「サブスクリプション」「おすすめ」という
検索キーワードが「title・description・h1」全ての箇所にありますね。

ちなみに検索エンジン上では、以下のように表示されます。
ちょっとだけ文章が変わっているところもありますね。

このように、ユーザーから検索して欲しいキーワードを、
自然かつ短い文章で、title・description・h1に盛り込んでいくのがポイントです。

なお、初心者がやってしまう失敗が、「キーワードの盛り込み過ぎ」。
不自然な文章になってしまい、逆に検索エンジンの評価が下がるのでご注意を。

 

(SEOツール2)スマホ対応が確認できるツール

ふたつめのツールは「モバイルフレンドリーテスト」です。
Webサイトがスマホ対応できているか確認できます。

モバイルフレンドリーテスト

スマホ対応が重要な理由

SEO対策で、スマホ対応が重要な理由。

それは、2015年に「スマホの利用者数がパソコンの利用者数を上回った」ためです。

これに合わせて、検索エンジンは
「スマホ対応しているWebサイト」を評価するようになりました。

もし、あなたのサイトがスマホ対応していなければ、大問題。
検索エンジンの評価が上がらず、上位表示は見込めないでしょう。

 

「モバイルフレンドリーテスト」の使い方

では、自分のサイトが、スマホ対応できているか確認してみましょう。
モバイルフレンドリーテストに、URLを入力してみます。

しばらくすると、分析結果が表示されます。
「このページはモバイルフレンドリーです」と表示されれば、スマホ対応OKです。

 

「このページはモバイルフレンドリーではありません」と表示された場合は、
残念ながらスマホ対応ができていません。

 

スマホ対応できていない場合は?

スマホ対応ができていなかった場合は、以下のように問題点を教えてくれます。

それぞれの修正方法は、専門的な内容になります。
サイトの制作会社にご確認下さい。

古いサイトの場合は、作り直しした方が安上がりかもしれません。
ホームページ制作.jpや、発注ナビは、
複数の制作会社から無料で見積が取れるサービスです。

 

(SEOツール3)表示速度が確認できるツール

みっつめのツールは「Page Speed Insights」です。
このツールでは、ページの表示速度が確認できます。

Page Speed Insights

表示に4秒かかると「不良ページ」扱いに

多くのユーザーは、時間がかかるのを嫌います。

Google公式発表では、読み込み時間が1秒から3秒に増加すると32%も離脱するとのこと。
2秒待たされるだけで、内容も見ずに閉じてしまうユーザーがグッと増えるのです。

そのため、検索エンジンも表示速度を評価項目としています。

参考 ウェブに関する主な指標レポートGoogle Search Consoleヘルプ

 

「Page Speed Insights」の使い方

では、自分のサイトの表示スピードを確認してみましょう。
Page Speed Insightsに、URLを入力するだけです。

 

しばらくすると、分析結果がスコアで表示されます。
スコアの評価は、下記の通り。

スコア評価
90~100速い
50~89平均
0~49 遅い

もし、スコアが0~49点だったら、改善が必要です。
分析ツールのアドバイスに従って、表示速度を改善していきましょう。

 

カンタンに修正できるのは「画像」

最もカンタンに、表示速度を改善する方法は「画像を軽くする」ことです。

「Page Speed Insights」の改善できる項目をクリックすると、
軽くできる画像が一覧で表示されます。

画像を修正したら、「Page Speed Insights」でスコアを再確認してみましょう。
表示速度が改善しているはずです。

 

まとめ

今回は、SEO対策の初心者向けに分析ツールを3つご紹介しました。
SEO対策は、客観的に分析していくことが重要です。

今回の記事が、
・SEO対策の基本手順を知りたい初心者の方
・SEO対策で集客を伸ばしたい初心者の方
に役立つと嬉しいです。

なお、SEO対策は、たくさんの作業があります。
成果が出るまでには、「地道な分析」と「作業の継続」が必要です。
「時間が取れない」方は、SEO対策専門会社に相談してみるのも良いでしょう。

もちろん、弊社にご相談もOKです。
360株式会社

本ブログは、これからもWebマーケティングに関する有益な情報を発信していきます。
ぜひブックマークやシェアをお願いします。

データ分析に関する記事はこちら

データ分析に関する記事はこちらもご覧下さい。
Webマーケティングに必須です!
ネットでユーザーニーズを調べる無料の方法2つネットでユーザーニーズを調べる無料の方法2つSEO初心者におすすめ、SEO分析ツール3選【無料で使える】SEO初心者におすすめ、分析ツール3選【無料で使える】ホームページの足跡が丸わかり!驚きのユーザ分析ツール「Juicer(ジューサー)」ホームページの足跡が丸わかり!驚きのユーザ分析ツール「Juicer(ジューサー)」
『Webマーケティング』のご相談は360株式会社にどうぞ!

Webマーケティングでしたら、360株式会社にお任せください!
Webサイト制作・SEO対策・MEO対策・SNS運用・動画制作・VR制作など
クライアントのビジネスに合わせた施策をご提案いたします。

360株式会社のWebサイト